夜行バス情報NAVI TOP ≫ 夜行バスの基本情報 消灯時間

消灯時間

夜行バスでは、深夜の時間帯は利用客が寝る時間なるので基本的には消灯します。また、対向車線のライトや照明などを遮断するために全てのカーテンが閉められます。バスの中は足元と荷物棚くらいしか照明が点かなくなります。

消灯の時間帯は夜行バスによって異なります。基本は22時か23時の間になります。消灯前に運転手がアナウンスしてくれることもありますが、時間になったらすぐ消灯することもあるので、時間を事前に調べておくと良いでしょう。静かにするのが規則になりますから、消灯してからドタバタしないように気をつけましょう。

消灯後にどうしても寝れない場合は、本が読める小さい照明があるバスもあるので、それを利用して読むと良いです。ただし、隣の利用客に迷惑がかからないようにしましょう。 では以下に消灯前にあらかじめ準備しておきたいことを紹介します。

☆毛布の準備:
毛布は暗くなる前に手元や足元に置いておくようにしましょう。暗くなると探さなければなりません。風邪を引かないようにしっかりとかけて寝ましょう。

☆リクライニングの調節:
夜行バスのリクライニングシートは深く倒れるように作られています。人によってどれぐらい倒せば寝やすいかは違いますが、消灯前にあらかじめ調節しておくようにして下さい。リクライニングを深く動かす際は、出来るだけ後ろの席の人などに声をかけてから行いましょう。逆に声をかけられた時は快くOKするようにして下さい。

夜行バスの基本情報

白衣 女性
白衣の女性のユニフォームなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

イタンゴ
イタンゴなら医療関係者向けの製品情報サイトで!