夜行バス情報NAVI TOP ≫ 夜行バスについて 夜行バス

夜行バス

夜行バスとは、その名の通り夜間に走っているバスのことを言います。ただ、一般道路を走っているバスとは少し違います。夜行バスは夕方から夜間にかけて出発し、到着が翌朝から翌日の午前中になります。簡単に言えば夜間に走るバスです。

夜行バスは一般路線を走っていると思っている方も多いですが、基本的には一般道路は走りません。一般道路を走らずに高速道路を長距離走ります。これが夜行バスと一般バスの一番の違いです。また、観光バスや一般バスなどと違い、夜行バスの場合は睡眠を取ることが出来ます。そのため、定員数が少なくなっています。シートが大体が3列シートの独立しているものになっています。

夜行バスは車両の内装の作りがゆったりしているものが多いのも特徴の1つです。長時間の移動をリラックスして過ごせるように作られています。1番分かりやすいのがシートです。通常のバスの場合は、4列の2つシートで接近して作られています。人が多く座れるようになっているのが特徴ですが、狭くて寝るのにはあまり向いていません。そこも夜行バスと通常のバスとの違いになります。

夜行バスでは睡眠を取る目的もあるため、バスに乗車出来る定員は減らしてシートの居住性を高めているのです。また、夜行バスは長距離の移動手段として料金が一番安いです。色々な目的で使われています。

夜行バスについて

アプルウェイ
アプルウェイなら医療関係者向けの製品情報サイトで!